13時までのお買い物は当日出荷! 5400円(税込)以上お買い上げでネコポス無料、6480円以上で通常便無料

チワワ?


チワワの原産国はメキシコとされていますが、そのルーツについては諸説があり、解明されていません。

メキシコ遺跡や文献からは、チワワの祖先ではないかとされるテチチという犬の痕跡が、多数発見されています。
しかし、テチチの存在が確認される九世紀より後に、他の大陸から連れてこられた別の犬種の末裔(まつえい)ではないかという説も多々あります。

19世紀半ばからアメリカで品種改良が進められ、日本では1970年代より飼育されるようになりました。
小型犬ゆえの飼育のしやすさから、2009年のジャパンケネルクラブの登録頭数第2位という人気になっています。

身体の大きさは概して小さく、毛色も多種多様です。
近年の小型化ブームにより、(特に日本では)無理な交配などによって個体の小型化が進められており、
健康面が懸念されています。
短毛種のスムースコートに、パピヨンやポメラニアンを交配して作られた長毛種のロングコートがあります。
またチワワならではの特徴としてはアップルヘッドと呼ばれる丸みを帯びた額が挙げられます。

チワワは本質的には抱き犬で、人なつっこい反面
まったく知らない人には用心深い臆病な一面を持っています。

身体が小さいことから、大きい犬に吠えることも多く、また、他の人にもなつき難いという傾向もあるため、
小さい頃からきちんとしつけをすることが大切です。
これには、小さい頃からの社会がとても重要となります。
多くの人・さまざまな音・物などに触れ合うきっかけを持たせてあげましょう。
そして、吠えなかったときにはしっかりと誉めてあげてください。
チワワは、飼い主に対してとても忠実な犬種なので、しっかりとメリハリをつけて
教えてあげるときちんと理解してくれます。

また、チワワは体が小さく、寒さに弱いので、健康のためには冬季の外出時に
防寒対策として洋服を着用することが望まれます。
さらに、チワワがかかりやすい病気のひとつに「水頭症」があります。 
これは脳を圧迫してしまう病気だといわれています。
水頭症は先天性の場合が多いですが、稀には事故にあって頭の怪我から発症するケースがあります。
チワワはとても体が小さいので、衝撃に弱いです。 
じゃれ合うときには、注意が必要です。
検索条件の商品がありません