13時までのお買い物は当日出荷! 5400円(税込)以上お買い上げでネコポス無料、6480円以上で通常便無料

犬のしつけについて


なぜ、犬にしつけをするのか?

それは飼い主が快適に生活をするのはもちろん、
犬にとっても、拾い食いを防ぐ・近所の人に襲い掛からないようにするなどなど
飼い主と犬を取り巻く環境を含めて快適に暮らせるようにする目的があります。

犬はとても頭の良い動物です。
きちんとリーダーシップを取って正しいしつけをすれば必ず犬は言うことを聞いてくれます。

犬のしつけはあなたや愛犬の安全だけでなく周囲の人々の安全を守るためにも絶対に必要で、しなければならない飼い主の義務なのです。
また、犬のしつけだけではなく飼い主は犬を飼う際のマナーもきちんと身に着ける必要があるでしょう。

「しつけ」と一言で言っても、様々な方法があります。
但し、どんなしつけであっても犬の問題行動の裏にある犬のきもちを考えれば
ほとんどの場合、問題は解決されます。

犬はしゃべる事ができません。
問題行動の裏には、必ずなんらかのメッセージがあります。
だからこそ犬のしつけをする際には、飼い主は犬のきもちになって
犬が何を伝えようとしているのかを考えなくてはいけないのです。

・犬に主従関係を認識させる
 犬のしつけには飼い主がリーダーになる必要があります。
 これは犬のしつけの基本です。
 本来、犬は群れで生活していた動物ですので、主従関係が成り立っていないと
 飼い主の言うことを聞かない犬になってしまいます。
 犬に、自分は人間よりも順位が下だと認識されることが重要です。

・犬のしつけは根気良く
 犬のしつけをしていると、なかなか思い通りに行かなかったり
 苛立ってあきらめたくなることも多々あります。
 実は、犬の集中力はあまり持ちません。
 短時間を繰り返し根気良く行うことが犬のしつけ成功への近道です。

・行動直後に褒める
 しつけが成功したときは、力いっぱい犬を褒めてください。
 大袈裟なくらい褒めると、犬はすぐに「これをすれば褒めて貰える」と学習します。
 注意すべき点は、行動の直後に犬を褒めることです。
 これはしつけ失敗のときにも共通して言えることです。
 行動直後でないと、犬はなぜ怒られているのか・褒められているのかを
 理解することができないのです。

・失敗したときの対応
 犬が失敗したとき、一番やってはいけないのが体罰です。
 低い声で「いけない」と言えば犬は理解します。
 主従関係を大切にする意味でも、手をあげる必要はないのです。

つづく・・・
検索条件の商品がありません