13時までのお買い物は当日出荷! 5400円(税込)以上お買い上げでネコポス無料、6480円以上で通常便無料

犬の食生活

みなさまが「ドッグフード」を選ぶ基準はなんですか?
ペットショップに置いていたから・獣医さんの勧めで・ブリーダーさんが食べさせていたから・・・
などなど、いろいろなお答えがあるかと思います。
あなたは愛犬に与えるドッグフードの品質表示を気にかけていますか?
実はドッグフードに含まれる栄養規準は曖昧な点が多く規準や成分表記に不鮮明な部分が多いのが事実です。

昨今、ドッグフードはペットショップに行けば犬種・年齢・値段など
バリエーション豊富に取り揃えられています。
どんなフードを選べばいいのか?という基準は難しいものになっています。
家畜の飼料の安全は、農水省が規制しています。
しかし、日本では現在ペットに関しての公的な安全基準がないのです。
もちろん業界の自主規制はあります。表示のなかで目にするのは、成分と原材料です。
但し、添加物、副産物の比率や内容などは判りません。
人間が食べることが出来ない基準の劣悪な材料で作られたものも実際に存在しています。
劣悪なフードに、食いつきのよくなる「ニオイ」を付けて販売しているのです。

では実際にどのような基準でフードを選べばよいのか?
ドッグフードは、保存も効くので安全なものを選べば、一定の栄養バランスが摂取できる優れものです。

・フードの形状・着色・キャッチコピーにまどわされない
 合成調味料、着色料、香料などが添加されているフードは避けること。

・危険な合成添加物を使用しているフードは避ける
 酸化防止剤や、保存料、漂白剤、防カビ剤などの合成添加物を使用しているものは避けること。

・塩分・砂糖・キシリトール添加のあるフードは避ける
 塩分や砂糖、キシリトールなどの合成甘味料などを添加しているものは避けること。

・人間の食品レベル基準をクリアしているか
 人が食べれるレベルの原材料を使用しているフードを選ぶこと。

・賞味期限が長いフードは避ける
 自然界のものはすべて酸化し、腐ります。賞味期限が極端に長いものは、添加物が多く含まれています。

・カスタマーサポート体制があるかどうか
 お客様相談の窓口があり、メーカーがきちんと対応してくれるかどうか。

・極端に格安なフードは避ける
 ホームセンターなどの量販店などで入手できる格安なぺットフードは避けましょう。
 愛犬の1食分はいくらになりますか?その値段で栄養満点だとか栄養バランスが整っているはずがありません。

・並行輸入品のフードは避ける
 輸入ルートが不明、温度管理もされない格安な輸送手段であったりして、ペットフードの品質に疑問があります。


ペットフードの現状をよく理解すれば、粗悪なペットフードを避けることができます。
自分で見極める目をもつことが必要な時代になっているのです。

★犬が食べてはいけないもの

【たまねぎ・にら】
犬の血液の赤血球を壊してしまい、貧血や肝臓肥大を起こす場合があり、危険です。
直接ではなくハンバーグなどの加工食品にも入っているので注意しましょう。

【魚・鶏の骨】
これらの骨は噛み砕くと裂けてしまい、消化できないために食道や内臓・腸などにに刺さってしまうことがあるので、
犬に与えないようにしましょう。

【チョコレート】
下痢や嘔吐・尿失禁や痙攣など発作の原因になります。
多量に摂取すると、急性心不全を起こして死亡する事もあるので、与えないだけでなく、
机の上に食べかけを置かない等の工夫も必要です。

【刺激物】
香辛料や炭酸などの刺激物は胃を刺激するため、吐くことがあります。
頻繁に吐く事で食道を傷つける可能性があります。注意してあげましょう。

【甘い物】
普段、私達が食べているような物は危険です。
虫歯や皮膚病などの原因となるだけでなく、肥満の原因にもなり犬の寿命を縮めてしまう恐れがあります。

【イカ・タコ・エビ】
消化しにくく嘔吐の原因となります。<食道を傷つけない為にも与えないようにしましょう。

【ピーナッツ類】
ピーナッツも消化不良を起こし、嘔吐や下痢の原因になります。なるべく与えないようにしましょう。


↓↓↓
人間が食べれる素材にこだわった!フルのおやつはこちら
検索条件の商品がありません