13時までのお買い物は当日出荷! 5400円(税込)以上お買い上げでネコポス無料、6480円以上で通常便無料

犬の年齢


国内でペットとして飼われている犬と猫の平均寿命が急速に延びていることが、
東京農工大の林谷秀樹助教授の全国調査で明らかになった。
人間の年齢に換算すると、12年前(1990~91年)の調査時より、
犬は約17歳、猫は約24歳まで長生きするようになった。ワクチン接種が普及し、
感染症が急減したため。死因は人間と同様、がんや心不全など加齢による生活習慣病が7割前後を占めている。
調査対象は、37都道府県の121動物病院に来院し、2003年7月までの1年間に死んだ犬約3,200 匹、猫約1,800匹。
その結果、犬の平均寿命は11.9歳で、 12年前より3.3歳長くなっていた。
性差による平均寿命の差は見られなかったが、品種別では純血種が11.3歳、雑種が13.3歳と雑種の方が長生きだった。
一方、猫は9.9歳で、4.8歳長生きするようになった。
こちらは性差があり、雄8.7歳に対し、雌は11.1歳。
品種別では純血種11.4歳、雑種9.6歳。
平均寿命を押し上げているのはワクチン接種と見られ、
犬の場合、ジステンパーなどのワクチン接種率が70.1%で、
12年前の39.8%から急増した。猫も純血種を中心に20.2%から43.6%に増えたという。

~読売新聞(2005.1.12)の記事より


上記を見てもわかる通り、犬の年齢を人間に換算すると
数倍も時が経つのが早いことがわかります。
さらに大型犬と小型犬でも換算の仕方が異なり、
平均的には小型犬の方が寿命が長いとされています。
多くの場合、犬の寿命を全うするのを見届けなくてはなりません。
犬を飼うということはそれほど覚悟が必要なことだといえるでしょう。
しかしながら、近年人間と同じように、犬の寿命も延びている傾向にあります。
これは食生活の変化や、医療の充実など、犬を取り巻く環境がよりよくなってきているからこそです。
犬に最善の運動、食事、環境を見つけてあげることが飼い主の義務だと思います。
検索条件の商品がありません